株式会社 三洋組

公共工事、土木・外溝工事、基礎工事、造成工事、重仮設工事、解体工事、中間処理業(破砕)、(金属くず・がれき類・紙くず・木くず・繊維くず・廃プラスチック類・ガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず)などの収集・運搬業 岐阜県岐阜市

公共の街づくりから、一人一人のお住まいまで。皆さまが快適な暮らしをおくるための より良い環境づくりに取り組んでいます。

お問い合わせやご相談は TEL:058-231-2211 E-mail:こちらから

ISOについて

三洋組は提携している葵組と共に、ISO9001認証を得ています。ISO9001に対する当社の考え方をご理解いただくと共に、ISO規格やISO9001そのものに対しても、説明しています。 三洋組 ISOについて
ISO9001規格について当社の考え
ISO規格についてもう少し一般的な話

ISO9001規格について、当社の考え

  • 顧客満足のため、品質管理向上の徹底に努める。それはひいては会社経営の安定、全社員の利益につながるからでもある。
  • 上記を目標に掲げ、ISO9001規格を遵守する。全社員一丸となって良い品質を求め、現場管理、品質管理、安全管理が効率よく行う。コミュニケーションを潤滑にして意思疎通をはかりつつ、工事完成を目指す。
  • 昨今の社会の現状を鑑みて、少子化対策、建設副産物のリサイクル徹底を図り、環境と社会に貢献できる会社を目指す。
△ このページのTOPへ戻る

ISO規格についてもう少し一般的に

ISOはモノやサービスの標準化を国際的に推進している民間団体で、ISO認証はその団体が認めるものです。製品やサービスを提供する企業が個々にそれぞれの向上を図るより、第三者的な団体が国際標準を定めた方が製造者と消費者、双方にとって利益を生む。そのような考えが、ISO普及の背景にはあるのでしょう。

中でも「ISO9001」は、モノやサービスそのものではなく、それらを生み出す組織の、管理の仕組みに対する国際標準です。仕事に対して具体的な目標を設定し、そこへ向けた作業を計画し、実行し、確認して、見直す。こうした循環を行うことで、業務の効率化と顧客満足の向上を促進することができる。それがISO9001認証のメリットであり、国際標準たる所以です。

顧客や同業者に対したとき、ISO9001認証、つまり組織としての国際標準を満たしている、ということの有利さはご理解いただけると思います。ただし、理屈をこねるだけでは、ISOとは言えません。従業員に対する情報共有の意識付けや、そうした情報を文章にして記録すること。その記録を管理するシステムの構築など。それらに対する数年ごとの監査をクリアしなければ、認証を失うこともあるのです。

三洋組は、その名前だけ欲しさにISO9001を取得したのではありません。その先にある、お客さまの満足。さらにはその満足の恒常的な向上を意識してのことです。認証を得たという結果にとどまらず、その水準の業務を維持・改善し、さらなる高みへ。三洋組の行く先を、見守っていただきたいと思います。

△ このページのTOPへ戻る
ホーム会社案内事業内容ISOについてお問い合わせ
Copyright(C) 2006 K-sanyo. All rights reserved.【掲載の記事・イラスト・写真などの無断複写・転載等を禁じます。】